RSS | ATOM | SEARCH


地元病院でいつものホルモン補充
JUGEMテーマ:健康


以前なら、補充日を必ず覚えていて2週間おきに地元の病院へ行っていましたが、今では忘れがちで3日後、1週間後が当たり前になっています。

この「忘れがち」ってのが、旦那様の体調のバロメーターになっているのでしょうか。

忘れるってことは、症状が悪くないってこと!

そんな風に思っています。

今回は、忘れずピッタリ2週間後の男性ホルモン補充なので、微妙な状態ですね。
男性更年期障害の症状と違い、胃が痛いようです。
なんでもなければいいのですが・・・。

人間ドックで再検査を受けることになっているのに行かないし、行っても聞かないので、病院へ行くように言うのをやめています。あまり言っても煙たがれ・・・。しばらく放っておこうと思います。

そんな状態ですから、今回の胃痛も本人次第なんです。


妻Rie・・・ちょっと冷たいかもしれませんね。


author:妻Rie, category:通院記録, 14:49
comments(0), trackbacks(0), - -
4月に主治医診察しています
JUGEMテーマ:健康


もう1ヶ月くらい前になりますが、主治医天野先生の診察を受けました。

今回も旦那様の様子を見て、「調子が良さそうですね」と言っていました。
最近は会うたびに言われます。
旦那様自身は、男性更年期障害の症状が日々あるので、「調子が悪い」と言っていますが、天野先生と話す口調や顔色からして遥かに良いと感じるはずです。

12月の検査結果を見ると、フリーテストステロン値が「6.1」なので決して良い数値ではありません。
でも、数値ばかりを考えるのではなく、気持ちと体が一致しながら年を取っていくことができれば更年期から脱出できる・・・そんなようなことを話してくれました。

思春期の反対が、更年期!

天野先生に言われ、そう考えるとわかる気がすると旦那様は言っていました。

気分的に優れないこと、症状のほてり、冷え、耳鳴りがあるけれど、更年期のトンネルからそろそろ出口が見えてきたかもしれない。



ビジネスブログ100選
↑ランキング参加中です


↑こちらも参加中
author:妻Rie, category:通院記録, 10:46
comments(5), trackbacks(0), - -
部分的な発汗
JUGEMテーマ:健康


先週、天野先生のところへ行ってきました。
前回の採血と尿検査の結果を聞くこともあり、2ヶ月後の通院になります。

天野先生から見る旦那様の様子は、前回と同様 調子が良さそうに思ったそうです。
調子が良いと判断したときは、「お酒を控えることも考えた方がいいよね」というように軽く休肝日を要望します。

そのとき、1月下旬に1日ですがアルコールを飲まなかった日があったことを話しました。
なぜ飲まなかったのかは、のちほど話すとして、その時の様子が我が家にはない過ごし方で妻Rieは感動しています。
天野先生にも話しましたが、飲まないことに対してのイライラはありませんでした。
夕食を短時間で済ませ、テレビ番組、ビデオを3時間半くらい観た後、11時頃に寝ました。
それまでの間、顔つきも穏やかでしたし、うたた寝もしませんでした。
理想的な夜の過ごし方だなぁ。。。って思いました。

でも、旦那様は眠れなかったらしく、やや不満だったみたいです。

天野先生は、「今回の休肝日でわかりましたね。アルコールの助けで睡眠していたということを。」

その事実のとらえ方なんですが、天野先生は”だからアルコールを控えましょう”と言いたかったのに、旦那様の気持ちは”だからアルコールなしでは、いられない”と思っていたと妻Rieは思いました。


そんな旦那様が、なぜ休肝日を1日作ったのか・・・

続きを読む >>
author:妻Rie, category:通院記録, 10:00
comments(0), trackbacks(0), - -
今は2週間に1回1アンプル補充
JUGEMテーマ:健康


12月中旬に主治医天野先生のところへ行きました。

血液検査と尿検査もしてきました。
結果は、中性脂肪や多血症かどうかの数値はすぐ出てきましたが、肝心のフリーテストステロン値は出てこなかったので、次回通院後に報告します。

今回、天野先生は、状態が良さそうに思ったそうです。
本当は、愛犬・・・特に旦那様が15年8ヶ月もの間、一緒に暮らしていたシーズー・でん♂が死んでしまって悲しみにくれた週だったんです。

それでも妻Rieが泣く回数が多いから、旦那様は悲しみに堪えていたと思います。

結局、天野先生にその話はしなくて、
「そうですね(^^)」って笑って回答していました。

ただ、”4週間に2アンプル男性ホルモン注射補充+途中で軟膏を塗布”は、後半になると男性ホルモン値が低下するためか、体調が悪くなると話しました。
そこで、"2週間に1アンプル男性ホルモン注射補充+途中軟膏を塗布”を旦那様自身が提案し、天野先生に承諾を得ました。
(分かる範囲の血液検査データを基に、多血症の恐れがないと判断した)


そして徐々に、そのホルモン数値で慣れていけるようになったら、男性更年期障害の症状がやわらいでくると言われました。男性更年期障害のトンネルを抜けるときが来る。。。

まだまだ先かもしれないけれど、早く来ることを願っています。



ビジネスブログ100選
↑ランキング参加中です


↑こちらも参加中

「Life Carrier Net」の新着記事をチェック!
author:妻Rie, category:通院記録, 21:56
comments(4), trackbacks(0), - -
主治医の受診
先週、主治医である天野先生の診察を受けました。

このところの旦那様の様子は、調子が良さそうです。
妻Rieから見た様子なので、実際はどうかわかりません。
でも、ひどいイライラもないですし、倒れることもありません。
それだけでも、良いと思っています。

現在の治療方法は、4週間に1回の2アンプル注射による男性ホルモン補充と、3週目からの軟膏による男性ホルモン補充です。軟膏は、夕方入浴後に塗布しています。

診察サイクルは、2〜3ヶ月に1回の割合で、天野先生のところへ通院しています。注射補充については、地元の病院でもお願いしています。


今回は、ちょうど天野先生の通院日と、注射によるホルモン補充日が同じでしたので、補充してもらいました。


天野先生は、前回と同様に「休肝日をとりましょう」という話をしました。
今もなお、晩酌は欠かすことなく飲んでいます。
時に、心臓の異変を言いますが、その時限りの訴えなので、アルコールをやめるつもりはまったくありません。

続きを読む >>
author:妻Rie, category:通院記録, 17:36
comments(2), trackbacks(0), - -
大ゲンカ
先週のことです。

私の言い間違いや、伝え忘れが原因で大喧嘩になりました。
実際・・・私が伝え忘れたかは不明ですが、
今までにない後を引く喧嘩をしました。

昨夜から平常どおりの生活に戻ったので、妻Rieも落ち着いてこの話題を記事に出来るのですが・・・。



それが、最悪にも注射によるホルモン補充日でした。

補充をした日の夜にこの剣幕は起こりました。
妻Rieの用事に旦那様が同行してくれることになり、いざ明日っていうときに”場所を聞いていない”という話になったのです。
もしかしたら、本当に伝えていなかったかもしれません。
でも、その場所のことを一緒に話したことは承知していました。
ただ、その場所と明日行く場所が同じとは知らないと一点張り!

私の伝え間違いだったと思い、謝りました。

大概は、喧嘩後に仲直りするか、翌朝には終わる話です。
でも、今回は違いました。
翌朝まで話は広がっていました。
しかも、もっともっと話は拡大して、別な展開となっていました。

続きを読む >>
author:妻Rie, category:通院記録, 13:09
comments(2), trackbacks(0), - -
主治医と休肝日
先週、主治医である天野先生の診察を受けました。

天野先生は、旦那様の様子を見て、”調子が良い”と判断していました。

旦那様自身も
「初診の頃に比べ、いいですね。でも、相変わらずです。」
と、話していました。

なんとも穏やかな診察室のムード。
久しぶりに笑いあいながらの診察でした。

ピリピリムードだった前回までの事を思い返すと、天野先生までもが旦那様の気持ちが移ったかのように沈んでいたように思います。
先生の調子が悪い訳じゃなく、旦那様の様子に気づかっていたからだと思います。
こうやって一緒になって悩み、沈み、笑える主治医と出会うことが出来て、よかったと思いました。


続きを読む >>
author:妻Rie, category:通院記録, 22:32
comments(2), trackbacks(0), - -
治療方針・・・決まる
先週、天野先生の診察を受けました。
前回、前々回も心療内科の受診を勧められていましたが、
未だに受診していません。
きっと、その件について聞かれると思いながら診察室に入りました。

妻Rieも天野先生に言われているのに受診していない状態なので、これからどのように治療をしていくのか、天野先生の診察が必要なのか気になっていました。

でも、今回の受診では心療内科の話はありませんでした。

前回の血液検査の結果から男性ホルモン値(フリーテストステロン値)が最低値だったんです。

3.4pg/mL

続きを読む >>
author:妻Rie, category:通院記録, 13:58
comments(0), trackbacks(0), - -
私がブログ更新しない理由・・・
2月下旬の新聞掲載のブログ更新から10日が経ちました。
本当は、その記事の数日前や先週も天野先生に診てもらっています。
でも、通院記録としてブログ更新しない理由は、治療が足ふみ状態にあるからなんです。

2月に診てもらった際に院内にある心療内科も受診しました。
でも、旦那様は心療内科医の話を拒否しました。
聞く耳持たないくらい拒絶反応をしていると、隣で一緒にいましたがそう感じました。
今、旦那様はデリケートな状態にあります。
だから、周りで何を言ってもダメなんです。


続きを読む >>
author:妻Rie, category:通院記録, 09:02
comments(4), trackbacks(0), - -
やっぱり主治医がいい・・・
先々週のことですが、主治医の天野先生に診てもらいました。

やっぱり症状のことに関心を持ってくれるし、
安心して話すことが出来ました。
そして、この3ヶ月の”心療内科医”への不満をぶつけました。
本人(旦那様)より妻Rieの方が不満爆発で、言いたい放題言わせてもらいました。

まず、「薬のみの治療だと言われたこと」
治療方針や、今後のことを教えてくれないので私たちは不安だった話をしました。

そして、「男性更年期障害に対する意見の不一致」
男性ホルモン補充の意味がわからないと言われたことへの反発心を天野先生に訴えました。
”この先生も男性更年期障害を理解していなかった。”
”また、スタートに戻った気分です。”
”やっぱり地元で理解してくれる先生を探すのは大変!!!”

こんな調子で話しても、天野先生はしっかり受け止めてくれました。

そうやって、私たちの話を全部聞いてくれて、今後どのようにするか改めて相談しました。
天野先生は、3ヶ月前の血液検査の結果を見て、
ホルモン数値が安定していることから別の心療内科でもう一度診てもらうことを薦めてくれました。
そして、紹介状に今回の経緯も書いてもらいました。
天野先生は泌尿器科なので、心療内科は専門ではありません。
なので、専門医に診てもらいながら、天野先生の診察も継続することにしました。



それから、約10日が経ちました。
未だに心療内科へ行っていない旦那様です。

最近TV番組で精神科病院の特集がありました。
何とも言いがたい様子で、旦那様は見ていました。
TVに出ていた患者さんは、本当に生死を考えるほど重症な方でした。
旦那様とは、まったく症状が違うので同じ治療ではないし、
入院まで考えることではないけれど、
自分の置かれている現状を考えてしまったのでしょうか。。。

心の病気は、今 とても多いですよね。
他人には特別なことじゃなくても、本人は悩むことだったりしますから、
それによって心を病んでしまう世の中です。

特別な病院ではないのだから、軽い気持ちで診てもらいたいと思っています。
今月中には、必ず・・・。



ビジネスブログ100選
↑ランキング参加中です


↑こちらも参加中

「Life Carrier Net」の新着記事をチェック!
author:妻Rie, category:通院記録, 12:37
comments(2), trackbacks(0), - -