RSS | ATOM | SEARCH


漢方専門医でもある横山先生の本
知っておきたい男の更年期―パートナーと一緒に読んで治す更年期障害
知っておきたい男の更年期―パートナーと一緒に読んで治す更年期障害
横山 博美

読みかけ中の本があるのですが、
その本の翻訳をした”横山博美”先生の書かれた本を先に読み上げました。
それが上の画像の本です。
こちらの方が専門用語も少なくて短時間で読むことが出来ました。

横山先生は、西洋医学と東洋医学の研究をつづけ、
老人や末期がん患者の在宅医療にも力を入れている人です。
さらに、前立腺肥大の温熱療法の第一人者でもあり、
漢方専門医でもあります。(漢方医名:松沢宗秀)

この本の内容は、男性更年期にまつわるあらゆることが書かれていました。
・男性更年期について
・前立腺の病気について
・治療方法(治療ケースもあげている)
・日常の予防策
・夫婦の営みについて
・男性更年期に効く漢方薬について
・食事療法
などなど

横山先生によると、テストステロン量の正常値は16pg/ml以上という。
そして、15pg/ml以下なら更年期の始まりで、
10pg/ml以下の人を補充するケースが多いとありました。

先生によって数値の違いがあるにしても、
旦那様の場合、補充しても現在7.5mg/mlなので不調な状態が続くのも
無理もないかもしれません。

男性ホルモン補充療法には、注射以外にもいくつかあるようです。
・内服薬(アンドリオール)
・貼り付けするパッチ療法
・ペレット療法
特に、内服薬は気になるところです。

妻Rieがもっともドキッとしたことが、
「アルコールの飲み過ぎは男性ホルモンの低下を促進する」とあったこと。
男性更年期の予防にはアルコールを一時、
禁酒するくらいの心構えでいてほしいと書かれていたことです。

やっぱり・・・。

別の章でもアルコールは自律神経にも悪いとあったので、
絶対禁酒、あるいは休肝日をとってほしい・・・旦那様に言いたい。

この本は、男性更年期のことすべて書かれているので、
おすすめしたい一冊です。
そして、この本で心を打たれた文面がこちら・・・

「更年期は、ある時期を越えれば自然に治るものである。待つ勇気、待つ力、待つ工夫が大切なのである。心身をリフレッシュできる瞬間を作り、窮屈な考えを捨て、おおらかな気持ちで暮らす努力が大切である。人生は80年と長い。マラソンの途中で、全速力で飛ばして走っても意味がない。心のゆとりを大切にしたいものである。」(知っておきたい男の更年期 横山博美著書より)

他にも、横山先生の本は、こちら


ビジネスブログ100選
↑参加しています


↑いつもありがとうございます♪
author:妻Rie, category:男性更年期障害の本を読んで, 13:06
comments(2), trackbacks(1), - -
Comment
どうも、かずです。
コメントを返して頂いたのに遅れて申し訳ありません。


「かずさんは男性更年期外来の診察を受けていたんですか?」
そうです。専門医院で外来診察を受けていました。
ただ医院を変えてはいません。

ですが、現在は更年期外来の診察は受けていません。
更年期どうこうより、鬱症状がひどくなってしまい、現在は心療内科ひとつに絞って通院しています。

鬱症状がひどすぎて、担当の先生の手には負えない状態になってしまったんです。
そこで、心療内科への転院を勧められたのです。
まあ、鬱病は「心療内科」へ行った方がいいのは確かですから……。
幾分、快方へは向かっていますし……。
この先、鬱の方が改善されてくれば、改めて更年期外来の先生と相談したいと思っています。

「専門の先生でも判断が違うことってあるのかなぁ・・・」
そうですね。あると思います。

何しろ、男性更年期障害は世間でも、ほどんど知られていない病気で、研究され初めたばかりですから、先生によって意見は変わると思いますよ。
この病気の研究者も多くないようですし……。

ただ、治療法(薬など)はそれほど病院によって変わらないと思います。
その用法や量が異なる位ではないでしょうか?

私の場合では、Rieさんの旦那様が受けた治療は一通り受けたはずですが、
私はちょっと変わった体質らしく、かえって具合が悪くなったり(「男性ホルモン補充」は思い切り具合が悪くなりましたね……)、全然効果があらわれなかったり、先生曰く「珍しい身体してますね……」だそうです。
そういわれても困りましたが……(笑)。

結局、更年期障害に関しては「桂枝加竜骨牡蛎湯」を服用しているだけです。
鬱病の薬を色々使っているので正直これ以上薬を増やしたくないのもあります。

やはり、今は「鬱病」をなんとかしないと……。


Rieさんの旦那様の飲酒に関しては、やはり心配しています。
「酒はほどほどに……」
とは、よくいいますが、私の知っている限り酒飲みで「酒をほどほど」で済ませられる人はごく少数です。

やっぱり、酒が入ってしまうとブレーキが効かなくなってしまうんですね。
「好き」なものを飲んでいて、ブレーキが効かないんですから、そりゃあ止まりませんよね。無理ないとも思います。

ある程度の年齢までいけば、自然と酒を控えるようになるようですが、それまで健康体でいられれば、の話ですしね……。

現在の健康の方が大事なんですけどね……。
旦那様はアルコールと健康の因果関係について、故意に理解しないようにしているか、理解していて無視しているのか、そのどちらかかも知れませんね。



ちょっと、私の知っている話をしましょう。もちろん実話です。
7〜8年前くらいの話でしょうか?
私の知人に「タバコと酒を止める位なら死ぬ!」と公言していた男性がいました。

私より少し年上で、子供のころから病気らしい病気をしたことがない人です。
ところが、ある頃から身体の具合が悪くなりました。
ですが本人は医者が嫌いで病院には行こうとしませんでした。
けれども症状は悪化するばかりで治る気配はありません。
彼の家族の強い勧めで病院で精密検査を受けた所「悪性の大腸ポリープ」が見つかりました。
癌ではなかったのが幸いでしたが、ちょっと危ない状態だったそうです……。
(他にも、生活習慣病とも呼ばれる症状もあったそうですが……)

医師からは「タバコと酒を止めないと死ぬよ」と宣告されました。
すると……。
彼は「死にたくないからタバコと酒は止める」とあっさり態度を翻しました。

もちろん手術を受けて、手術は成功しました。

ですが、彼の身体は症状が出る以前ほど無理が利かなくなってしまいました。
「タバコも酒」も彼は本当に止めましたが、仕事が思うように出来なくなり転職を余儀なくされました。

もちろん「タバコや酒」だけがその病気のすべての原因ではありませんが、結局そこまで深刻にならないと、止められないんだなと感じた出来事でした。



Rieさんの旦那様の事を考えていたら、ふと思い出してしまいました。
やはり難しい問題ですね。
旦那様がどれだけ深刻に自分の健康を考えているのかによると思います。

「命と引き替え」くらいに言われないと止められないのかも知れませんね……。



私の近況も報告します。

やっと症状も軽くなる気配が見えて(まだ安定していませんが)きたので、仕事を始めることにしました。
と、いっても本当に軽い仕事ですが……。
リハビリのつもりでやってみます。

まだ安心はできませんが、何もしていないのも却ってストレスになってしまうのでバランスを取りながらやっていくつもりです。

まあ、症状が重くならないように願いながら、もうちょっと頑張ってみます……。



Rieさんもストレスを溜めることなく、旦那様の治療をサポートしてあげてください。


だらだらと長文を書いて、申し訳ありませんでした。

Rieさんの旦那様の症状が軽くなるように祈っています。

それでは失礼します。

かず, 2008/03/15 11:09 PM
【かずさんへ】
いつもコメントありがとうございます。

かずさんの症状が”軽くなる気配”とあって安心しました。
昨年のコメントのころは、とても重症でしたよね。
ストレスを溜めない生活は誰でも必要ですから、
今後も気をつけてくださいね。

男性更年期外来と心療内科の診察経過のコメントも参考になりました。
処方されている漢方薬が旦那様と違いますが、
どこの病院でも漢方を処方しているんですね。
安心できる薬なんでしょうね。
なるべく体に負担をかけることなく治療していけるのは、よいですから。

男性ホルモン補充については、誰にでも効果があると思っていましたが、かずさんは合わなかったんですね。

お酒については、残念ながら止める気配がありません。
体のことを考える人なんですが、お酒は別です。
野菜を中心に食べていますし、朝・昼はしっかり栄養をつけているんですよ。
ただ、夕食はお酒が中心になってしまいます。
我が家の旦那様も生死の問題にならないと本気で禁酒を考えないと思いました。

そういえば旦那様が言うのです。
「俺が居なくなってもRieちゃんが困らないように、いつでも考えている」って。

でも、私が考えて欲しいのは、
「Rieちゃんが困らないように、俺は元気で生きよう」
なんです。

”旦那様はアルコールと健康の因果関係について、故意に理解しないようにしているか、理解していて無視しているのか、そのどちらかかも知れませんね。”(かずさんのコメントより)

謎です。
私は”理解していて無視している”ように思いますが、
故意に理解しないようにしているのかもしれません。

自分で良いように解釈している節もあるんですよね。。。


また、お時間があったらコメントください。
そして、お仕事、あせらずゆっくり進んでくださいね。
管理者*Rie, 2008/03/16 11:32 PM









Trackback
url: http://pblog.denmame.net/trackback/673800
最高!更年期のおもしろ情報
【タイムバーゲン】ラムールq140錠(35日分)漢方メーカー・ツムラの命の母と同...
更年期って気になりませんか?, 2008/03/12 5:56 AM