RSS | ATOM | SEARCH


自律神経失調症の本を読みました
自律神経失調症がみるみる改善する100のコツ
自律神経失調症がみるみる改善する100のコツ
主婦の友社

不眠
冷え性
ほてり
便秘
下痢
めまい
動悸
息切れ
頭痛
イライラ
倦怠感
吐き気
肩こり・・・


このような自律神経失調症の症状は、
ストレス
不規則な生活リズム
ホルモン分泌の失調
生活環境の変化
で引き起こります。

治療方法には、薬治療の他にも
食事での栄養バランス
ヨガ
ツボ
体操
で改善が出来る・・・この本は、その改善方法を紹介しています。

女性更年期障害、男性更年期障害についても、
少し掲載していました。
自律神経失調症と更年期は関係がありますから。

女性には、大豆類がよいこと。
男性には、山芋(自然薯)がよいこと。
このような一般的な知識から、初めて知る知識も豊富に掲載。

食事面については、レシピがあるので便利です。
(黒ゴマきな粉ミルクを試してみたいと実践に向けて材料調達中。)
  ↑
  スーパーで購入可能な材料です。

旦那様に良い方法を選びながら、
妻Rieの体にも良い方法を選び、
一緒に実践しようと思っています。

ヨガ、ツボ、体操も絵でわかりやすく説明されています。
こちらは、まず妻Rieが実践しようと思います。
(呼吸方法は動かず出来るので、まずそれから挑戦しようと思います。)


>>自律神経失調症がみるみる改善する100のコツ
主婦の友社


ビジネスブログ100選
↑ランキング参加中です


↑こちらも参加中
author:妻Rie, category:男性更年期障害の本を読んで, 17:32
comments(0), trackbacks(1), - -
Comment









Trackback
url: http://pblog.denmame.net/trackback/363373
自律神経失調症とは
スポンサードリンク 自律神経失調症とはストレスや生活習慣の乱れなどにより自律神経のバランスが乱れ、その結果、様々な身体の不調が起こり、病院等で検査をしても異常が見つからないものを言います。しかし検査をしても異常がないのだからとりあえず自律
自律神経失調症ガイド, 2007/05/12 1:09 AM