RSS | ATOM | SEARCH


はらたいらさんのイメージが・・・変わりました
はらたいらのジタバタ男の更年期
はらたいらのジタバタ男の更年期
はら たいら

はらたいらさんの男性更年期についての体験エッセイです。

ある日、知人である女性編集者が、はらたいらさんの症状を聞いて、
「更年期みたいよね」
と話したことで、更年期について調べて、自分がそうであると
自覚したようです。

仕事に関しては、予想以上のハードスケジュールだったのに、
すべて完璧にこなすほど真面目な方だったようです。
14年前までやっていたTV「クイズダービー」の
レギュラー解答者になった直後から、
本業の漫画家以外にも講演会、新聞雑誌の取材等をしていました。

それに、野球チームに参加しているほどスポーツ好きで、
体力にとても自信があったようです。

体力に自信があり、真面目にこなす人こそ
「男性更年期」の重い症状が出やすいのです。

まさに、はらたいらさんは当たってますよね。

この更年期障害の症状が表れだしたのが、49才の時だったようです。
それから漫画を描くペンを持つのも辛かったほど、
重くなったようです。

そんな症状に悩まされていた方ですが、
とても家庭に恵まれていたようです。
それは、奥さんと二人の娘。

家庭のことはすべて奥さん任せで、
子供の進学や育児すべてノータッチ。
子供の進学校も知らないくらい。

そして、亭主関白。

そんな はらたいらさんを支えていたのですから
素晴らしい奥さんですよね。

この本には、はらたいらさんの奥さんも執筆しています。
その内容がとてもリアルで、はらたいらさんの印象が変わりました。
奥さんなりに亭主関白な夫を操縦していたんですね。

操縦・・・っていうと、聞こえが悪いですね。
そうじゃなくて、亭主関白な夫と上手く生活していくために
何に気をつけたらよいか経験から学んでいたんです。

奥さんなりにストレスを溜めないために・・・。
だって、そんな奥さんだって軽い更年期障害に悩まされていた
時期もあったようですから。

さすが、漫画家 はらたいらさんの本、
辛い更年期障害のエッセイも楽しく一気に読み上げることができました。


ビジネスブログ100選
↑ランキング参加中です
author:妻Rie, category:男性更年期障害の本を読んで, 15:12
comments(0), trackbacks(1), - -
Comment









Trackback
url: http://pblog.denmame.net/trackback/244107
今一度、活性力を甦らせて見たいならば!
トラックバックさせていただきます。 マカの名前が知られるようになって久しい今日この頃。「滋養強壮」「不妊」「更年期障害」と、さまざまな悩みを解消し緊張からの解放にお答えできるマカですが、実に多くの種類があることをご存知ですか?値段も安いものから高いも
イップス(緊張)な悩み相談を克服しよう!, 2007/01/08 12:57 PM