RSS | ATOM | SEARCH


フリーテストステロン値検査が・・・
JUGEMテーマ:健康


先日、天野先生の診察を受けました。
3ヶ月に一度の血液検査の結果を見ながら、男性ホルモン補充の継続を確認してもらっています。
今回も引き続き補充継続となりましたが、
「フリーテストステロン値から見ても補充に頼ることなく別の原因も考えて行きましょう」
と雑談を交えながら話しました。
精神面でもストレスなく生活するとか、そんな意味合いかと思います。
・・・というのも、天野先生は柔らかく棘がないように言っていたからです。

そして、フリーテストステロン値がしばらく検査が出来なくなるとのことです。
検査に使うものが手に入りにくくなるとか。。。
なので、その際は「血中テストステロン」値で判断をするそうです。

最近の旦那様は、冷静に身体を自己分析しています。「男性更年期=男性ホルモン補充」だけでなく、今まで以上に健康管理をしています。
もともと野菜中心な食生活。ただし、お酒は飲み放題。毎晩寝るまで焼酎を飲んでいます。
血液検査がある夜も欠かしたことがありません。
その分、食べる量が人より少ないです。
その他に、定期的に運動を始めました。
ウォーキングと筋トレです。

趣味も全力で楽しんでいる様子です。

イライラも少ないし、めまいもほとんどないと思います。

男性更年期の症状が出てから今年で15年目になります。
天野先生に出会ってから8年間の診察&男性ホルモン補充、趣味のラジコン、愛犬とのふれあい、大好きなお酒、そして多くの友人に囲まれ、旦那様は今、順調に前へ進んでいます。

男性更年期でお悩みの方、支えているご家族やご友人の方、どうかあきらめないでください。
長期にわたる症状の辛さを誰かに相談してみてください。きっと助けてくださる先生、友人、ご家族がいるはずです。
author:妻Rie, category:通院記録, 12:37
comments(1), trackbacks(0), - -
Comment
 ご無沙汰いたしております。

 何度もメールを差し上げたく思いましたが、あまりはかばかしい文面になりそうもなくご迷惑になってはと書き損じておりました。

 私の病状は昨年に比べ多少は良くなってきているかと思います。

 1年以上、ホルモン補充注射を2週間毎に250(2アンプルというのでしょうか)を継続いたしておりましたが、1月より3週間に間隔を伸ばしております、経過は・・・良好と言えればよいのですがアップダウンを繰り返しながら奮闘しています。

 他に、漢方の真武湯・抑肝散を3食前に、ホルモン補充の副作用である血圧上昇を抑えるために降圧剤を2薬、睡眠時に脳を休めるためにリスミー錠を服用いたしております。

 また、主治医から勧められ【DHEA】50mg/錠というサプリメントをアメリカの通販サイトから購入し毎朝1錠服用しています。
 
 【DHEA】を勧められたのはホルモン補充をしても体の倦怠感・疲労が甚だしく体が少しも楽にならないと訴えたところ飲んでみては教えられました、私にはとても効果がありました、即効性がありあまりの効果にびっくりしたほどです、恐らくそれだけ副腎も弱っていたということなのかと思います。

 私の血液検査結果です(1月時点)

総テストステロン    194.5

フリーテストステロン   6.1

PSA           0.88

赤血球数         637   

ヘモグロビン濃度     18.7

ヘマトクリット      53.5

AST            67

中性脂肪         189

LH            0.1

FSH            0.5

 昨年はヘマトクリットは59%、ヘモグロビン濃度19.7まで上がりました、多血症です。

 血液検査は多々問題が多いです・・・あまり気にしないでと主治医の方はおっしゃってくださいます。

 ホルモン補充をしているので数値が出ないのはしかたのないことらしいですが、視床下部でのLH(黄体ホルモン)の分泌が正常に戻ることを・・・無理だとは思いつつも期待しています。

 まだまだ聞きたいこと書き連ねたいことがいっぱいありますがこれまでにしておきます。

 また、様々な情報や思いや感じること、なんでもブログにアップしてください、些細な事で構いません、きれいな文章でなくとも、病気に関係ないことでも構いません、あなたのブログを見ると同じ病気の者として心がほっとします。

 ありがとうございます。

 
 
山梨, 2015/04/06 7:50 PM









Trackback
url: http://pblog.denmame.net/trackback/1414254