RSS | ATOM | SEARCH


2度目の心療内科
先週、前回記事にした心療内科へ行って来ました。
今回の診療時間は・・・5分。
やっぱり短い問診で終わりました。

確かに、薬によって穏やかに過ごしていると思います。
でも、この薬を飲み忘れたり、飲まなくなったりしたらどうなるのか・・・という不安もあります。

今回は、薬が合っていると判断され、一つ薬を追加しました。
(精神高揚剤を夕食後2錠に追加)

先生に、治療方法は薬しかないのか聞いてみました。
「そうですね。」
その言葉だけで詳しいことは言ってくれませんでした。

もっと安心して通院できる体制にしてほしいと思いました。
不安定な患者さんが、もっと不安におちいる気がします。

それに、もう一つ・・・
この薬は、男性ホルモン補充と併用してよいか聞いてみたところ、
「ホルモン補充をする意味がわからない。」
「年々歳をとっていくとホルモン量が低下するわけだから・・・」
と、男性更年期障害を否定する言い方をしたのです。

何年もかけて、やっと診断された”男性更年期障害”・・・
それを、またスタート地点に戻された気分でした。

この先生は、男性更年期障害を理解していない人なのかもしれない。
今までの病院と同じようにされてしまう・・・
そう思ってしまいました。

薬の効き目、今後の通院について、また旦那様に聞いて報告します。




ビジネスブログ100選
↑ランキング参加中です


↑こちらも参加中

「Life Carrier Net」の新着記事をチェック!
author:妻Rie, category:通院記録, 21:59
comments(2), trackbacks(0), - -
Comment
…どうも、かずです。

うーん、そうですか……。

前回のブログで、先生との相性がわるいのでは……、とは思っていましたが、そうまで不安になってしまうのは問題ですね。
無口な先生も困りものですね……。
(あんまり、おしゃべりな先生も嫌ですけど……)


旦那様自身の感想はどうなんでしょう?
Rieさんと同じように感じているのでしょうか?


もし、同じ感想をいだいているようなら転院も考えた方がいいかもしれません。
病院の都合で先生が変更になることはあっても、患者の希望で先生が替わることはまずないですので……。
あまり不信感を持ってしまうのも問題ですから。

ただ、転院する前に先生が替わってしまうこともあるかも知れません。
実際の所、私も初診の時の先生と相性があわん、と思って転院を考えていたら先生が替わってしまいましたし……。
(もしかしたら、先生のほうが「この患者あつかいにくっ!」と思ったのかもしれませんけど(笑))

Rieさんも心の中で「先生が替わりますように!」と強く祈ってみるとか……(笑)



<この先生は、男性更年期障害を理解していない人なのかもしれない。
理解していませんね。
というより、男性更年期障害を知らないのでは?
残念ながら、この病気の存在そのものを知らない医師も多数いますから……。


ただ、
<確かに、薬によって穏やかに過ごしていると思います。
ということですので、処方自体は合っているのでしょう。

先生からすると、男性更年期障害を知らない以上「薬は効いているのだから、これ以上する必要はないだろう」と考えているのかもしれません。


<この薬を飲み忘れたり、飲まなくなったりしたらどうなるのか・・・という不安もあります。
患者の立場からすると、それはないですね。
そんな恐ろしいことできません(苦笑)。

効かない薬は飲まなくなりますが、効いている薬は飲み忘れたりしません。
むしろ「あれ、飲んだっけ?」と不安になるくらいです。
まあ、依存症になるのは駄目ですけど……。


ちなみに、私は担当医に「男性更年期障害」等は一切、いってません。
なぜなら「説明するのが面倒くさい」からです。

専門の違う先生に説明するのも馬鹿馬鹿しいじゃないですか。
質問しても答えは返ってこないのが分かっているんですから。

それ用の薬は処方してもらっている訳ですし「うつ」の方をとりあえずなんとかしてもらえればいいや、という考えです。

安易ですね……。
参考になりませんね……。



<今までの病院と同じようにされてしまう・・・
うーん、それはまだわかりませんね。

薬が効かないというならともかく、薬に効果があるならそうともいえないでしょう。
今はとにかく体調が少しでもよくなればいいわけですし……。


精神高揚剤を追加された、ということですので先生は自律神経失調症であろうと判断をしたのだろうと思います。

おおもとの原因は男性更年期障害かもしれませんが、現在は自律神経失調症として強く症状があらわれているようですし……。

体調が改善されたなら、あらためて更年期の診察を受ければいいのでは?
なにより旦那様とよく話し合われた方がいいでしょう。


<またスタート地点に戻された気分でした。
心配いりません。
私なんか毎月そう思ってます(苦笑)。

すごろくの
「ふりだしにもどる」
あそこに止まった感じです。

「くっそー!」と思いながらもなんとかやってます。
もう、自虐的に笑うしかないです。
落ち込んだりしたら「うつ」に飲み込まれちゃいますから。

Rieさんが落ち込んだら、旦那様も困ってしまうでしょう。
「どーんとこいや!」
くらいでいてください(希望)。



うーん、どうも、今回は(も?)参考になってはいませんね。
申し訳ないです。


文章もなんだかよくわからなくて雑ですね。
体調が悪いせいですかね……。
(変えて貰った薬が効かなくて……、調子が悪いです。別の薬にしてもらいます)

意味不明な所は流して読んでください……(汗)。


それでは、また。



かず, 2008/12/04 6:49 PM
【かずさんへ】
いつもコメントありがとうございます。

”男性更年期”について、かかりつけ医に話していないんですね。
そうだったんですか。驚きました。

「精神高揚剤=自律神経失調症」
自律神経失調症に良い薬と言われていなかったので、参考になりました。
先生は、その線も考えていたんですね。
先生から説明があってもよかったのに・・・やっぱり不信感が募りますね。

毎回毎回、かずさんのコメントに助けられています。
そうですよね、私がマイナスに考えてたら始まりませんよね。
ふりだしに戻ったとしても、また初めからやり直せばいいんですよね。

かずさんも薬のことを先生に相談してくださいね。
お互いにプラスで行きましょう!

またコメントお願いしますm(__)m
管理者*Rie, 2008/12/08 10:09 AM









Trackback
url: http://pblog.denmame.net/trackback/1102791