RSS | ATOM | SEARCH


心療内科の予約
2日付けのブログ記事について、いろんな方からコメントやメール、
お電話をいただきました。
ありがとうございましたm(__)m

実は、2日の記事を更新する前に、旦那様の了解を得ました。
妻である私でも、旦那様の個人情報をむやみにブログに
載せてもいいものかと躊躇したのです。

でも、旦那様は快く了解してくれました。


そして、皆さんのコメント等を励みに、
延ばし延ばしになっていた心療内科探しを再開しました。

病院探しとは、とても難しいですね。
特に知っているところもなく、ただインターネットで黙々と探しました。
そして、いくつかピックアップした中で、近い所から電話をしてみました。

病院って、窓口に行けばすぐ診てもらえる。
あるいは、半日待たされても当日内で診てもらえるのが当たり前・・・
だと思っていましたが、心療内科は違うんですね。
たまたまかもしれませんが、私が連絡した2件は、1週間から10日待ちでした。
やっとの思いで連絡した結果が、10日待ちです。
しかも、1件目の病院は「男性更年期障害」を扱ったことがないと言われ、
断られてしまいました。
まったく予想外でした。

2件目のところで予約が取れたのは例え10日待ちであろうと、
ラッキーだったんでしょうか。。。

結果をまた報告します。



ビジネスブログ100選
↑ランキング参加中です


↑こちらも参加中

「Life Carrier Net」の新着記事をチェック!
author:妻Rie, category:日常の不調記録, 18:34
comments(4), trackbacks(0), - -
Comment
これは単なる私の経験則であてになりませんが、
大病院だと当日受付してくれることが多いです。
逆に町医者だと専門病院でも予約制のところが多いです。
taro, 2008/11/15 1:35 AM
どうも、かずです。

まずは、旦那様が受診される気になって頂けたということで、私としても嬉しく思っています。
とにかく、診てもらわないことには話が前に進まないですからね。


<病院探しとは、とても難しいですね。
そうなんですよ。
結構、めんどうくさいものなんです。
地域によっては集中してたり、めったになかったりと色々あるようですし……。


<1週間から10日待ちでした。やっとの思いで連絡した結果が、10日待ちです。
いやいや、それで済むなら短い方です。
私の知っている中では2週間以上間を空けられる所もありますし……。
(とくに、人気のある病院などではそうです)

具合の悪い場合は、確かに腹立たしいかも知れません。
というか、腹立たしいでしょうね……(同じ経験あり)。

ただ、男性更年期障害の初診でも、同じように結構な期間を待ちませんでしたか?

病院側としては心臓病や脳の病気のように「今すぐに診察しないと命に関わる」ということではない(と思われているようなので)、そのように「悠長に」時間を空けてくれるんだと私は勝手に解釈していますが……。

病人としては、1日も早く診てもらいたいんですけどね……。

私の場合は直接窓口までいって、ごねまくって無理矢理ねじこんで短くしてもらいましたが、さぞ迷惑な患者だったでしょう。
でも、こっちとしては「本当に命に関わる」ような状態だったんで、勘弁して頂きましょう。
実際、ものすごく迷惑そうに(笑い)診てくれましたし……。

私の場合は窓口の人から見ても「明らかに状態がおかしい」と判断されたんだと思います。(実際にかなり危なかったですし……)
担当医の紹介状も効いたのかも知れません。
(内容は知りませんが「この患者は危ない」的なことが書いてあったようです)

それに病院によっては担当医先生のスケジュール的な物もあるようですよ。

患者さんもそれぞれ受診間隔が2週間だったり、3週間だったり、月に一度だったりばらつきがあって、受診後に次の予約を入れてから帰る。

そいういうシステムになっています。
(まあ、どこの病院でもそうでしょうけど)
ということはいうことは担当医の先生は1ヶ月先まで予約が入っている訳ですしね……。
スケジュールの比較的に軽い日に回されると考えられます。
(病院関係者じゃないんで明言できませんけど……)


<1件目の病院は「男性更年期障害」を扱ったことがないと言われ、断られてしまいました。
あまり、気にしないことです。
むしろ2件目で受け入れてくれた事を幸運におもうべきです。
(その方が気が楽ですからね)

正直、男性更年期障害の患者を扱ったことのある先生のほうが珍しいと思いますよ……。
それに同じ病院でも、スケジュールによって担当医の先生が替わったりもしますし、先生の経験で診察内容や処方の変更も提案されたりしますしね。

なにより、診察してもらってからです。


今日は11/17ですが、この時点では受診されたのでしょうか?
まだ受診されていないようでしたら、受診されるときには「お薬手帳」(持ってますか?)を必ず持参してください。

できれば、更年期障害の担当医の先生の紹介状も用意できるといいんですが……(もっと早く書いておけばよかったか……)。
診療内容や症状を明確にしておいてもらうのも診察の判断材料になるようです。


薬もできれば、希望を明確に伝えた方がいいです。
私も更年期障害に使用していた「桂枝加竜骨牡蛎湯」をこちらからお願いして処方箋に加えてもらいましたし……。
(飲み合わせとか色々面倒なこともあるかとおもいますけど……)


お薬手帳は、たぶん全国的にあるものだとは思いますが、結構重要視されている感じが伝わってきます。
処方箋をもらって、薬局にいって実際に薬を処方してもらうときには初めての薬局ではアンケートを書いたり、質問を受けたりしますよね。


薬剤師さんによっては、お話好きな方(笑)もおられるようでなかなか話が前に進まなかったりしたこともありましたが、お薬手帳を見せると結構あっさり納得してくれました。


たまにですが、薬局が諸所の事情で閉店してしまう場合があったり、「この薬局、感じ悪い」なんて思ったりして、別の薬局にいった場合などにも、改めて同じアンケートを書かなければなりませんし。
(このとき、「あの薬局感じ悪かったんです」なんて薬局の悪口をいってはいけませんよ。結構、横の繋がりがあるらしいんで……(笑))


まあ、「病気を治す」という目標地点は同じな訳ですし、あまり深刻にならないことです。
どの道をたどろうが目標地点までいければいいんです。

もしかしたら目標地点にはたどり着けないかもしれません。
でも、少しでも近づければいいんです。
(これは私自身が言い聞かせていることでもあります)

立ち止まっていては永遠に近づけませんからね。



<結果をまた報告します。
できれば、いい結果でありますように……。



それではまた。
この辺で失礼します。

(少し早く目が覚めてしまったのでこんな時間に送信してます(笑)。)


かず, 2008/11/17 5:17 AM
【taroさんへ】
いつもコメントありがとうございます。

やっぱり予約制のところが多いんですね。
2度目の受診も待ちそうですね。。。
管理者*Rie, 2008/11/18 6:11 AM
【かずさんへ】
いつもコメントありがとうございます。

初診は、これからです。
おくすり手帳は持っているけれど、通院時に一度も持っていったことがなかったので気にしていませんでした。

"おくすり手帳”と”紹介状”(書いてもらっていました)を忘れず持って行きたいと思います。m(__)m

そういえば、最近はどこの薬局もいろいろ聞いてきますね。
同じこと聞かれて面倒だなぁ・・・って思いました。
管理者*Rie, 2008/11/18 6:22 AM









Trackback
url: http://pblog.denmame.net/trackback/1083047