RSS | ATOM | SEARCH


初めて数値で先生が・・・

JUGEMテーマ:健康



201604検査結果

今月、天野先生に診察してもらいました。
最近は、旦那様の仕事の都合上、出張先から行くことが多く、私は行っていません。
そのため、詳しいことはわからないけれど、この画像のとおり、初めて数値の問題に直面しました。

約1年間、フリーテストステロン値がわからなかったこともあるけれど、「39.6pg/mL」は高過ぎます。

男性ホルモン補充を3週間に1回を4週間に1回と診断されました。
軟膏によるホルモン補充も引き続きしています。

今年の11月で通院してから10年になります。
当初に比べ、私が見る限りでは、重度のめまいがないと思います。

今、まだあるのは。。。右半分のほてり、耳鳴り、のぼせ、イライラです。
相変わらず、お酒は寝るまで飲んでいますから、飲酒中は、時々気分のムラを感じます。


ビジネスブログ100選
↑ランキング参加中です


↑こちらも参加中
author:妻Rie, category:通院記録, 10:19
comments(1), trackbacks(0), - -
フリーテストステロン値検査の行方

JUGEMテーマ:健康



1年以上もブログ更新せず放置していました。
その間も多くの方に読んでいただきまして、ありがとうございます。

さきほど、血液検査を一部更新しましたが、「フリーテストステロン値」が「 - 」であることにお気づきでしょうか。
実は、15年3月以降この数値が調べられなくなっていました。
旦那様にとって大切な男性更年期障害の目安である数値です。

ですが、このブログ更新しない間に調べられるようになっていました。
あと5回分のデータを、順次アップして行きたいと思います。

これからも、どうぞよろしくお願いしますm(__)m

妻Rie
author:妻Rie, category:通院記録, 15:07
comments(0), trackbacks(0), - -
フリーテストステロン値検査が・・・
JUGEMテーマ:健康


先日、天野先生の診察を受けました。
3ヶ月に一度の血液検査の結果を見ながら、男性ホルモン補充の継続を確認してもらっています。
今回も引き続き補充継続となりましたが、
「フリーテストステロン値から見ても補充に頼ることなく別の原因も考えて行きましょう」
と雑談を交えながら話しました。
精神面でもストレスなく生活するとか、そんな意味合いかと思います。
・・・というのも、天野先生は柔らかく棘がないように言っていたからです。

そして、フリーテストステロン値がしばらく検査が出来なくなるとのことです。
検査に使うものが手に入りにくくなるとか。。。
なので、その際は「血中テストステロン」値で判断をするそうです。

最近の旦那様は、冷静に身体を自己分析しています。「男性更年期=男性ホルモン補充」だけでなく、今まで以上に健康管理をしています。
もともと野菜中心な食生活。ただし、お酒は飲み放題。毎晩寝るまで焼酎を飲んでいます。
血液検査がある夜も欠かしたことがありません。
その分、食べる量が人より少ないです。
その他に、定期的に運動を始めました。
ウォーキングと筋トレです。

趣味も全力で楽しんでいる様子です。

イライラも少ないし、めまいもほとんどないと思います。

男性更年期の症状が出てから今年で15年目になります。
天野先生に出会ってから8年間の診察&男性ホルモン補充、趣味のラジコン、愛犬とのふれあい、大好きなお酒、そして多くの友人に囲まれ、旦那様は今、順調に前へ進んでいます。

男性更年期でお悩みの方、支えているご家族やご友人の方、どうかあきらめないでください。
長期にわたる症状の辛さを誰かに相談してみてください。きっと助けてくださる先生、友人、ご家族がいるはずです。
author:妻Rie, category:通院記録, 12:37
comments(1), trackbacks(0), - -
男性ホルモン補充再開
JUGEMテーマ:健康


9月半ばに、天野先生の診察を受けてきました。
今回も付き添って行ったのですが、待合室を離れていた間に順番が来てしまい、一緒に診察室へ入ることが出来ませんでした。
そのため、どんな話をしたのかわかりません。

でも、男性ホルモンであるエナルモンデポー筋注
が手に入るようになったこと、そして、本日補充が再開したことを聞きました。

男性ホルモン補充を再開することは、妻Rieにとって複雑です。
男性更年期の症状が和らいでいるタイミングで補充をやめてもよいかと思ったからです。
旦那様の話によると、”ずっと不調が続いていた(のぼせ、ほてりなど)”
”これで、楽になる”とのこと。

「数値ばかりを考えず、緩やかに年々低下する体力と向き合うようにして行くことが望ましい。」と過去に、天野先生に言われたことがあります。
今は、不調を考える時間より仕事や趣味に没頭して穏やかに過ごすようにしてもらいたい。。。

そう願う妻Rieです。
author:妻Rie, category:通院記録, 18:19
comments(1), trackbacks(0), - -
男性ホルモン注射がない!
基本設定 | JUGEM 管理者ページ
JUGEMテーマ:健康


5月に診察のため、天野先生のところへ行ってきました。

このところ変わったことがなく、現状維持でいたのでブログ更新も血液検査のみとなっていました。
でも、今回は困ったことがありました。

それは、「男性ホルモン補充のための注射(エナルモンデポー筋注)」が不足中のため、手に入らなくなったとのこと。

当日、ホルモン注射を打つ日でしたが、すでに在庫がなく、後日、地元の病院でもありませんでした。

補充をしないで2ヶ月が経ち、軟膏によって切り抜けていますが、本人は辛い様子です。
やる気がないとか、めまいで倒れるような症状は現在ないので、乗り切ってほしいと思っている妻Rieです。
author:妻Rie, category:通院記録, 12:18
comments(0), trackbacks(0), - -
2年ぶりの2アンプル補充
JUGEMテーマ:健康


先週、天野先生の診察に、旦那様だけで行ってきました。

どんな話をしたのか不明ですが、ここ数ヶ月ハードな仕事の毎日なので、不調が続いていることを話したのでしょう。
今回は2年ぶりに「男性ホルモン補充量2アンプル」を注射してきました。
3週間後にまた天野先生の診察の予約をしてきたそうです。
だから、3週間に2アンプルということになります。

「よく天野先生が処方してくれたね?」

私はきっと、よほど不調な顔でお願いしたんだと思いました。
天野先生は、旦那様の意見を重視してくれます。
血液検査の結果を見ながら処方してくれるので、何も心配していないけれど、急激に男性ホルモン値が上がるので、下がるのも早いことを経験していますから、後半の体の不調を心配しています。

今回は初日から、副作用?である心臓の異常を感じたようです。胸に手を当てていました。この時、顔つきも変わるんです。

飲酒も相変わらずだし、体が心配です。




ビジネスブログ100選
↑ランキング参加中です


↑こちらも参加中

「Life Carrier Net」の新着記事をチェック!
author:妻Rie, category:通院記録, 14:41
comments(0), trackbacks(0), - -
最低数値・・・0.6
JUGEMテーマ:健康


タイトルの数値は、4月に検査した結果のフリーテストステロン値です。
0.6pg/mlという数値は、今までの中で一番低い数値になります。
(参照・・・血液検査表

どれだけ不足しているか・・・というより、男性ホルモンが自ら作られていないと等しいってこと。
ホルモンだけじゃなくて、何もかも与えられ過ぎると弱ってしまいますよね。
だから、今 旦那様は補充に頼りすぎている傾向にあるのかと痛感しました。

続きを読む >>
author:妻Rie, category:通院記録, 15:46
comments(7), trackbacks(0), - -
12月に主治医受診しました
JUGEMテーマ:健康


12月の初めに天野先生の診察を受けました。

この一年、なによりも精神面の安定に安堵しています。
これが一番ですよね。
それが、更年期の長いトンネルのゴールへとつながるのですから・・・。

天野先生も難しいことは言わず、調子が良いことが顔つきでわかると言ってくれました。

治療方法は、変わらず”注射による男性ホルモン補充2週間に1アンプル”+”1週間後から次の注射まで軟膏塗布”です。

特定検診をした10月に、天野先生の病院でも血液検査をしていましたので、アップしました。
その結果、前立腺がん数値がわかるPSA数値が上がっていました。
天野先生に言われている男性ホルモン補充の量や間隔を前向きに検討したいところです。
本人はまだまだ男性ホルモン補充に頼りたいと思っています。

今年は、さらに症状が良くなってきますように。。。
そして、男性ホルモン補充に頼ることなく過ごせますように。。。


不定期更新であるこのサイトを今年もどうぞ、よろしくお願いしますm(__)m



ビジネスブログ100選
↑ランキング参加中です


↑こちらも参加中

「Life Carrier Net」の新着記事をチェック!
author:妻Rie, category:通院記録, 08:47
comments(4), trackbacks(0), - -
多血症の心配
JUGEMテーマ:健康


先週、天野先生の診察を受けました。
今回は、血液検査もありました。
採血後、1時間内でわかる検査項目は、その日のうちに教えてくれます。
そこで、今回は初めて副作用で心配される「多血症」の危険数値に近い数値を出してしまいました。

赤血球→511(基準値400〜560)
ヘモグロビン濃度→16.6(基準値13.5〜17.7)
ヘマトクリット→50.2(基準値38〜52)


だからといって、急を要すことではなく、天野先生は、男性ホルモン補充のサイクルや量を減らしたらどうかと提案しているのでした。
このまま本当に多血症になってしまっては、血液ドロドロになり、別の病気になってしまう可能性も出てくるからです。

今月初めに、特定検診に行ってきたのですが、現に「もう動脈硬化が始まっています」と注意されましたから。

それでも、旦那様は天野先生の提案に従わず、やっぱり引き続き2週間に1アンプルの注射補充をしていくことになりました。

ただし、水をよく飲んでくださいと言われました。

今、旦那様が信頼のおける先生は、天野先生なので、心の片隅にでも先生の言葉が残っていると思います。
「このまま男性ホルモン補充が依存してしまうのはいけない」とも言われました。

妻Rieは、この依存という言葉が最近脳裏に焼きついてしまいます。
いろんな依存ってよくないですもんね。



ビジネスブログ100選
↑ランキング参加中です


↑こちらも参加中

「Life Carrier Net」の新着記事をチェック!
author:妻Rie, category:通院記録, 10:43
comments(0), trackbacks(0), - -
データにこだわらず
JUGEMテーマ:健康


通院ごとにブログ更新してきましたが、ほとんど変わらない通院内容だったのと、妻Rieがパソコンに向う回数が減ってしまったため不規則記録となってしまいました。

今現在は、2週間に1アンプルのサイクルで男性ホルモン補充を注射しています。
1週間目から軟膏を塗布も続けています。

先月、天野先生の受診日でした。
天野先生は、4週間に1アンプルや、軟膏のみを薦めていました。
もう男性ホルモンに頼ることなく、緩やかな補充でよいのではないかと・・・。

あとは、本人次第ですと・・・。

旦那様は、男性ホルモン補充を停止することに、まだまだ不安があるそうです。
わからないこともないです。
今の症状を受け入れていても、悪化することは嫌ですからね。

引き続き、天野先生の受診は続けるつもりです。


ビジネスブログ100選
↑ランキング参加中です


↑こちらも参加中


「Life Carrier Net」の新着記事をチェック!
author:妻Rie, category:通院記録, 15:38
comments(0), trackbacks(0), - -